TEM Pest:永生医学、死の終末

¥ 2,268 税込

商品コード: 9788925724386

数量

韓国とエジプトで発掘された二体のミイラ、「スルギ」と「ハル」、そして彼らと共に埋葬されていた黒曜石製のナイフと狼の皮。考古学を専攻する学生ミンとジュンの調査により、スルギが韓国からエジプトまで渡った形跡があること、ハルは20 代の肉体で100 年以上の月日を生きたことが判明する。ハルの調査を続けたジュンは、永遠の命の源とも言えるTEM(Trans Empirical Metal: 超感覚金属)の開発に成功し、不治の病に侵された人々にTEM の移植を施す。移植を受けた者は健康な肉体を手に入れたように見えたが、やがて重大な副作用が発現する。

科学的、数学的な素材を随所に配置することで物語に説得力を持たせ、真実味を帯びたSFファンタジーを描き出すのを得意とする作家キム・ジフン。実際にはフィクションであるにもかかわらず、ファクトとフィクションの境界が曖昧に感じられ、それゆえ読者は容易に物語の世界に入り込んでしまう。一見、軽薄そうな若者や愛欲におぼれる男女の登場も少なくないが、TEM へ向けられたそれぞれの思いや葛藤は決して軽々しいものではない。読者は次第に濃厚になってゆく猟奇的な空気に息を詰めながらも、さまざまな思いを巡らせながら、飽きずにページを捲り続けるだろう。「永遠の命」と「致命的な副作用」を前に、人はどちらを選択するのか。永遠の命と引き換えに、人はどれほどの代償を払うことができるのか。愛する者へどれほどの苦痛を強いることが
できるのか。命は限りあるものであるからこそ価値があり美しい。そう思わせてくれる1冊である。

【注意事項】
◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
◆「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。