中くらいの友だち―韓くに手帖 第2号

¥ 1,080 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. 文芸
  2. エッセイ
数量

『中くらいの友だち――韓くに手帖』第2号。
今回は同人メンバーに加え、映画評論家の四方田犬彦氏と、韓国考古学の研究者であるヤコブ・タイロル教授にご参加いただき、さらにバラエティ豊かな韓国談義をと目論みました。

韓国を楽しみ、味わい、語り合う。対立を砕いて共感のかけらを集めましょう。驚きと笑いを肥やしに、中くらいを極めます。世界中が対立的となっていく中、私たちは友だちを大切にしたいと思っています。(「創刊の言葉」から)

●執筆者と掲載タイトル一覧

・わたしの好きなまち② 花洞  大瀬留美子
・韓国研究ノートといえば聞こえはいいけれど… ―朝鮮国策映画から台湾まで― 四方田犬彦
・韓国考古学の二つの楽しみ ―タイロル教授によるマニアのための韓国考古学のススメ―  ヤコブ・タイロル/薫・タイロル訳
・ソウル鞍山物語② マスター・リーの深くて青い夜(下) 伊東順子
・ちゅうとも文学館 かわいそうな人々② 朴 泰遠/斎藤真理子訳
・コプチャンチョンゴルの飲んだり、食べたり、笑ったり② アルバム『メニュー(お品書き)』四方山話 佐藤行衛
・日本語人アッパの韓国スケッチ② 韓国おもてなし考 ゆうき
・韓国タワー探究生活②  田園にそそり立つ恐怖の150メートル ―牙山市・牙山グリーンタワー  清水博之
・私の韓国子育て記② トルジャンチ狂想曲 韓麻木
・韓国の美味しい知恵② パムコン(上) きむ・すひゃん
・名前以外はすべてホント② 南 椌椌
・私のソウルものがたり② ―光の中で― 金利惠
・『ピンポン』翻訳ノート 斎藤真理子