언어의 온도(ことばの温度)

¥ 2,980 税込

商品コード: 9791195522125

関連カテゴリ

  1. 文芸
  1. 文芸
  2. エッセイ
数量

『日本語で読みたい韓国の本-おすすめ50選』第6号(2017年発行)より

流行の変化が速い韓国で、2017 年3 月から8月末現在、長期に渡り、ベストセラー1位、2位に入るエッセイ集。2017年8月末現在、村上春樹の『騎士団長殺し』などを抑え、再び首位に。「立ち聞きして記録する」ことを好み、活字中毒を自負する著者。バスや地下鉄に乗ると、「立ち聞きの癖」が出てしまうと告白する。「立ち聞き」によって集めた街なかのさりげない会話、「活字中毒者」が選ぶ名作からの一文などを素材に、心あたたまる「温度」の短文が綴られていく。

「言葉にはそれぞれの温度がある。暖かさ、冷たさのレベルもそれぞれに……」と、著者は語る。ぬくもりのある言葉は悲しみを包んでくれる。日常に疲れた時、友との会話に悩みを打ち明け、本を読むことで作家の文章に癒しを求める。言葉は一瞬で心を凍らせ、また、凍った心にぬくもりを与える。自分の何気ないひと言で大事な人が離れていったり、一行の文章で心を閉ざしてしまったり……。それは、ひょっとして、言葉の温度のせいだったのかもしれない。言葉の温度を心にとめる機会になれば、との一冊。

【注意事項】 ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。 ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。 ◆「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。