少年が来る

¥ 2,700 税込

商品コード: 9784904855409

数量

『菜食主義者』でマン・ブッカー国際賞に輝いた、ハン・ガン渾身の物語
あの光州で起きた民主化運動の鎮魂曲

光州事件から約三十五年。あのとき、生を閉じた者の身に何が起きたのか。
生き残った者は、あれからどうやって生きてきたのか。
未来を奪われた者は何を思い、子どもを失った母親はどんな生を余儀なくされたのか。
三十年以上の月日を経て、初めて見えてくるものがあるーー。
丹念な取材のもと、死者と生き残った者の声にならない声を丁寧に掬いとった衝撃作。


【著者プロフィール】
ハン・ガン(韓江):1970年、韓国・光州生まれ。延世大学国文学科を卒業後、1993年に季刊『文学と社会』に詩を発表、翌年ソウル新聞の新春文芸に短編小説「赤い碇」が当選し文壇デビューした。
長編小説に『黒い鹿』『あなたの冷たい手』『菜食主義者』『風が吹いている、行け』『ギリシャ語の時間』、短編集に『麗水の愛』『私の女の実』など、詩集に『引き出しに夕暮れをしまいこんだ』、散文集に『そっと静かに歌う歌』などがある。

【翻訳者プロフィール】
井手俊作(いでしゅんさく):1948年、福岡県生まれ。1974年、早稲田大学政治経済学部卒。
新聞社勤務を経て2009年に韓国文学作品の翻訳を始める。訳書に崔仁浩の小説集『他人の部屋』と小説『夢遊桃源図』。

【注意事項】
◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
◆「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。