「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし

¥ 1,760 税込

商品コード: 9784272211258

数量

7月21日販売開始。予約販売受付中!

一橋大学社会学部加藤圭木ゼミナールの学生たちが、彼ら自身が感じた「日韓」の間の歴史問題にも正面から向き合った一冊。
K-POPや韓国コスメから韓国に興味をいただいた彼らは、自分たちが見ている韓国と、日本との歴史問題の報道や周りの人々の目に抱いた感情=モヤモヤを、その自身の体験や感情はもちろんのこと、さまざまな文献にあたり、その歴史問題もまた自分たち自身の言葉で解説してくれている。
韓国に興味を持つ若者や学生たちだけではなく、大人もまた感じていた「モヤモヤ」が少し晴れていくようだ。

<目次>
はじめに
この本をつくったひとたち
第1章  わたしをとりまくモヤモヤ
第2章 どうして日韓はもめているの?
第3章 日韓関係から問い直すわたしたちの社会
第4章 「事実はわかったけれど……」,その先のモヤモヤ
主要参考文献一覧
解説 加藤圭木
あとがき

※7月21日(水)20時からプロジェクトメンバーを招いたオンラインイベントを開催
⇒ 申し込み・詳細はコチラから

【注意事項】
◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
◆「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。
◆フリーメールアドレスや携帯電話のアドレスをご利用されている場合、当店からのご案内メールや出荷完了メールが届かないことがあります。
 ご注文・お問い合わせの前に、必ず『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定内容を確認し、当店からのメール(ドメインはchekccori.tokyoです)が受信できる状態にしてください。