잃어버린 여행가방 (失くしてしまった旅行カバン)

¥ 2,156 税込

商品コード:

数量

잃어버린 여행가방 (失くしてしまった旅行カバン)
作家朴 婉緒(パク・ワンソ)さんの旅行をテーマにしたエッセイ集。
写真と短い紀行文のエッセイ集なので韓国語を少し勉強した人にも読みやすい本です。

韓国の各地を回った話もあれば外国でみた珍しい風景や人々の営みについて書かれています。なんだか読み終わると作家と一緒に旅行している気がします。

タイトルの「失くしてしまった旅行カバン」の章では、作家が1980年代に2週間ぐらい作家何人かと一緒にヨロッパを回って最後に寄ったインド空港で送ったはずのスーツケースが戻ってこない話です。プレゼントを詰め込んだ2つのカバンは無事だったが、着替えがや下着など洗濯ものがいっぱい入ったカバンだけがいまだに戻ってこない。2週間分の下着や靴下そして洋服のポケットにはパリで買ったスティック状のインスタントコーヒーをたくさん詰め込んである。当時韓国ではコーヒーは高級品だったから。
作家は戻ってこない旅行カバンを通して、死後残る自分の持ち物のことについて文章をまとめています。

인생이라는 긴 여정에 대한 묵직한 철학
삶에 대한 깊은 통찰을 감칠맛 나는 문장으로 엮어내는 작가 박완서의 기행산문집 『잃어버린 여행가방』. 그동안 써온 12편의 기행 산문을 4부로 모아 엮은 책으로, 각 편마다 인생이란 긴 여정에 대한 거장의 묵직한 철학이 담겨있다.

남도와 하회마을, 섬진강 벚꽃길과 쌍계사를 여행하면서 아름다운 자연에 대한 경외와 인간과의 교감을 담은 1부, 작가의 개인적 체험과 역사적 사연이 담긴 기행글을 실은 2부, 유니세프 친선대사로 활동하면서 기아와 가난으로 고통받는 에디오피아와 인도네시아를 방문한 기록을 담은 3부, 초자연적인 외경의 마력 앞에서 자기 존재를 되묻는 티베트와 네팔 여행기를 담은 4부로 나누어 엮었다.

눈앞에 펼쳐지듯 선명한 풍경과 그 뒤에 숨은 진경까지 모습을 드러내게 하는 저자의 독특하고 즐거운 글맛이 여행길의 긴 여운을 더해준다.

【注意事項】
◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
◆「代金引換」以外の場合、お届け日のご指定は承っておりません。
◆フリーメールアドレスや携帯電話のアドレスをご利用されている場合、当店からのご案内メールや出荷完了メールが届かないことがあります。
 ご注文・お問い合わせの前に、必ず『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定内容を確認し、当店からのメール(ドメインはchekccori.tokyoです)が受信できる状態にしてください。