お知らせ

2020/08/03 【夏季休業:8月9日(日)~17日(月)】
【2020年夏季休業のお知らせ】

店舗の夏季休業に合わせて、下記の期間、ご注文の発送、ご連絡、お問い合わせへの対応をお休みとさせていただきます。

◆2020年8月9日(日)~8月17日(月)

どうぞご了承ください。
詳しくはこちら
2020/07/01 【5000円以上ご購入で送料(550円)無料サービス】
4月から3カ月間開催した送料無料サービスを多くの方にご利用いただきました。ありがとうございました。

チェッコリでは、オンライン書店も注文代行も5000円以上のおまとめ購入なら送料(550円)が無料になりますよ。引き続き、有効にご利用ください。
2020/03/31 3カ月間送料無料サービスのご案内
●送料無料サービス
CHEKCCORI BOOK HOUSEでは、4月1日(水)10時~6月30日(火)の3ヶ月間、購入金額に関わらず、送料無料サービスを実施いたします。
詳しくはこちら

新着書籍一覧を見る

店長のおすすめ

≪きむ店主より≫
1994年の李箱文学賞大賞受賞作である「하나코는 없다」を含め、 1992年東仁文学賞受賞作「灰色の雪だるま」など8作品を収録したチェ・ユンの短編集。 「하나코는 없다」は、学生時代からのサークルの男たちと物静かで自分を主張しない女性との物語です。 (하나코は、鼻がキリッとして綺麗だと男たちが勝手につけたあだ名)하나코はみんなの話をよく聞くし、一人一人の相談にも丁寧に対応してくれる。彼らにとって芸術家的な感性を持った人だけれど、いつも近くにいる感じの人です。하나코はみんなに呼ばれた時にいつも彼女を連れて行く。社会人になって2年目ぐらいにメンバーの一人が中古の車を買った記念で、旅に出る。하나코も하나코の彼女も。宿でみんなお酒を飲んで歌を歌い始める。最後には一人ずつ歌うことになるが하나코は頑なに拒む。男たちは強制的に하나코を立たせ歌わせようとするが…… 韓国第一世代のクィア文学ともいわれる作品です。 最近のフェミニズム文学と読み比べてみてください。 チェ・ユンはフランス文学の研究者であり、またフランス人のパートナーと一緒に韓国文学をフランス語に翻訳する翻訳者でもあります。

회색 눈사람(灰色の雪だるま)
¥ 3,080
今月の特集